読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の話を聞いて下さい~原発事故を経験した私の生き方~

福島からの自主避難者である「しすたー」の想いや考えを伝えます。

信じること

理解すること


こんにちは。
今日ふと感じたのは
あー…ひとりになるって孤独だよなぁ…
と言うことです。

本当の意味で自分を理解して、
何があっても支える覚悟を持った人と巡り会う確率ってどのくらいの確率なのでしょうか。

傷ついて、人を信じられなくなった人が、
そう簡単に人を信じられるようになるのかなぁと。同じような過去をもっていて、お互いに違う場所でちがう道を歩みつつも、似たように傷ついてしまっている。

つらいこともたくさんあって、
人を信じられなくても、
目の前で起こってること、
見えていることはすべて事実で…。
現実を受け入れないと前に進めなくて…
逆境が多くて、どうしたらいいのかわからなくなって…。不安になって…。

いろんな社会の物事含めて、
今、この国はそういう状況に置かれています。

どうしたら人を信じられるのか


どうしたらいいのか、、、
どうしたら、ほんとうにその人を信じられるのか…自分を信じることができるのか…。

自分の中で間違いのない信念のようなものが必要なのでしょうか。

その人が本当に素直で正直な人であるから、
その人は沢山傷ついてきたのかもしれない。

その人を信じるためにはその人の生きてきた背景を知る必要があると思います。そして、その人の生き方や考え方を学ぶ必要があります。

その人を信じるか信じないかは、
その人次第なのだろうなとおもいます。

結局理解できるかできないかがすべてなのだろうなと。


自分の知らない次元を生きている人のことは信じられない。それこそ、これは例えば放射能のことも見えないから、理解できないからと言って信じないということとほぼ同じです。

理解することは信じることに繋がる

これはまだanswerとは言いにくいです。
ただ、信じることで生きる道が開かれるということは十分にありえますよね。

また、相手や、その事象、背景を理解することによって、信頼が生まれ、信じることができるようになります。

これは数日で達成できるようなことではないでしょう。

しかし、信じ続けるために、私たちは目をそらしてはいけないのだろうなと思うのです。すべての事象についてこれは言えることです。

本当に愛し合える人ができたとするなら、
きっとお互い、理解し合えるひとでしょうし、生み出すことも、導くことも、導かれることも可能な関係だといえるでしょう。

待つこともまた試練


信じることができるから、
待つことができる。

疑っても、やっぱり信じたいと思える。

その気持ちが大切だし、美しいと私は思います。人としての気持ちは大事にしたいです。

また、更新します。

生き急ぎ死に急ぐな

こんばんは。

私が今夜ふと思ったのは、
今のご時世、生き急ぎ死に急ぐ傾向が強いなぁということです。


え?と思う人もいるかもしれません。
ただ、その時、そのときを
真剣に一生懸命生きたいと思うその姿は美しいです。
しかし、それは長く一緒にその時その時を歩めたら幸せだと思うのです。

太く、長く生きる。


太く、長くなんて、
響きが怪しく聞こえる気がしますが、
それは置いておいて(..;)

生きる幸せって、生かされてる幸せをかみしめることなんだろうなと思います。

日々、何かに、誰かに生かされてる。
そういう関係性が私を支えているのだと思います。

光があれば闇がある。
闇があって、光が作られた。
だとすれば前提条件は闇。
闇にとって光は眩しいのでしょう。
しかし、光にとって闇とは、木陰かもしれない。光があるから闇にも役割が与えられる。

真っ暗な闇はすべてを飲み込み、
依存の海へ引き込みます。
光を飲み込むほどの闇。
でも、その闇も見方を変えれば、つまるところ、光を求めているんですよね。

私は闇によって心も魂も傷つきました。
でも、根っこは残っててくれました。
綺麗に。うつくしく。

ただ、傷があるからまた光が屈折して、きれいに見えることもある。儚い光に見えることもある。それこそ、もっと強い光なら私は綺麗に輝ける。

導きという言葉

神様の導きという意味ですが、
恐らく神は光でもあり、闇でもあるのだと思います。つまり、光と闇の相互の導きがあるようにという意味でもあるのではないかと私は勝手に理解しています。

生きる、死ぬも関係ないくらい、
私たちはただ、ここにいます。
それはビッグバンのときから時間が動いていない、私たちそのものがビッグバンであるということを意味しています。

生み出され、生み出している。
存在しているのは認識があるから。

地球も生きてます。
地球に認識されてるから生きている。生かされている。それだけです。

なんだかオカルトな方向へ…^_^;

そろそろ寝ます。
おやすみなさい。


速報

先ほど連絡ありました。

ただ、しばらくひとりになりたいとのこと。

何か思うことがあったのだと思います…。

詳しいことは全くわかりません。

私ができることは、待つこと、祈ることです。

速報でした。

連絡来ず

こんにちは。

 

ちょっと悲しいことがありました。

というのも、私の大切な人から、連絡が途絶えました。

具合が悪いということはきいていたのですが、

その後連絡が来ていません。

 

住んでいるところも住んでいるところなので・・・。

もしかして・・・・と嫌な予感もしています。

あまり想像したくありませんが。

 

ロシアンルーレットに引っかかってしまったのではないかとか、

不安です。

 

お風呂にいってくるよということだったので、もしかすると携帯が水没してしまったのではないかということも心配しています。

 

昨日一日連絡が来なかったのでどうなのかなと思っています。

 

しばらく待ってみようと思いますが、本当に心配しています。

 

また、話がしたいのに。

 

連絡が来ること、無事でいることを祈るしかありません。

 

最近の私の一日

こんにちは。

久々の更新です。

 

この数日間でまた、様々なことがあり、私の中でいろんな変化がありました。

女の子の日も重なってしまったこともあって、ブログの更新が難しかったです。

毎日足を運んでくださっている方、すみませんでした。

そして、お待たせしました笑

 

 

最近の私の一日を紹介

フリーランスとして仕事を初めておおよそ半月。

ライターの収入は多くないです。

しかし、記事をまとめる為にたくさんの知らない言葉に触れることになります。

勉強になっているので、私は満足してます。

 

朝、起きるのは9時くらいです。

日によって、8時とかにおきることもあるので、その時は二度寝して、11時くらいに目を覚まします。朝はどちらかと言うと苦手なのかな・・・・(^_^;)

お部屋の間取りも残念ながら良くないので、日差しが入りにくいんです。

自律神経が・・・(泣)

 

それでも、外で仕事をしていたときよりも寝付きも良くなりましたし、

朝起きたときの嫌悪感も少なくなりました。

 

体のかゆみもほぼ止まり、やっぱりストレスだったんだなーと感じます。

朝、ゆっくり起きたら、やかんに火を付けて、紅茶かコーヒーの準備です。

もしも、前の晩に沸かしたお湯が残っていれば白湯を飲みます。

 

私は一日三食は食べません。

人間、そんなに食べなくても実際生活できます。

せいぜい二食くらいですよね。

 

といっても、まだまだ一応若者笑

一回に食べる量も日によっては多くなることも。

 

それでもバランスを考えます。

 

12時過ぎた頃にご飯を作ります。

13時、ここからは私の自由時間です。

ライターの仕事は少なくとも一日一件はやるようにしたいと思っていたのですが、

気持ちがPCに向かわない日も。

 

そんな時は、ビーズでアクセを作成したり、絵を書いたりしています。

趣味の一環でもありますが、実は私のお仕事の一つ。

季節に合わせたビーズやイラスト。

 

誰かの手に渡ればいいなとストック。

 

イラストの原画は名刺サイズで一枚1000円

アクセサリーはネックレス一本につきおおよそ2500円

 

イラストは印刷はしないポリシー。

印刷するたびに価値が減っていくのがなんとなく分かるから。

その一枚を大切にしてほしいという思い。

私がその一枚を大切にしたいという思い。

イラストに書かれている動物や植物の思い。

そういうものが蔑ろにされるのが私は嫌。

 

アクセサリーも自然や動物がモチーフ。

他のお店には置いてないような手作りのアクセサリを作ってます。

近々、HPもあっぷする予定です。

 

話を戻して・・・

そんなこんなで18時ごろ。

お腹も空いてきてご飯の支度。

洗濯物が溜まっていたら洗濯、部屋が乱雑してくれば掃除もしてしまいます。

 

20時以降も自由時間。

 

そして、眠くなったら就寝。

 

自由すぎるでしょ!って・・・?

それが私がやりたかったことです。

 

今、とても幸せですよ。

 

まだまだ、これからたくさん楽しいことを増やしていきます。

フットワークを軽くして生きたいです。

 

また、更新します。

心と霊魂の関係性

心と魂の違い

おはようございます。

メンタルがおちていていましたが、この数日で本当にすてきなこと、嬉しいことがあって、だいぶメンタルが落ち着きました。

心配してくださった方、ありがとうございます。

もう、大丈夫です。

 

 

今日は心と魂の関係性について書いていきたいなと思いました。

というのも、震災後、絆という言葉を耳にして、

私は非常に違和感を感じていました。

 

芸能人たちが心からの歌として、

花は咲くという歌を歌って、全国に広まりました。

しかし、私には絆も、花は咲くも違和感だらけでした。

 

おそらく、その根本にあるものは共通だと思っていて、

絆も花は咲くも、魂の声を無視した形だということです。

 

 

私は今年の311は涙が出ず、

当日は悲しみを根底にした、怒りや憎しみ、諦めと言うものを感じ取っていました。

それはさまざまなところにある魂が日本に対してむけた感情(感情といっていいのかわからないけど、これしかあてはまるような言葉が見つからない)でした。

数日後にその漂う癒やされない魂に本当に悲しさと虚しさを感じました。

 

絆という言葉は表面上美しく見えます。

しかし、どうでしょう。

あの日からほんとうにこの国は絆を大切にしてきたといえるでしょうか。

繕いだけで、本当のつながりが薄く、

とても無神経なものに感じられたのは私だけでしょうか。

 

あの絆という言葉は心の絆という意味だったのだと、

今は理解しています。

魂の絆ということではなかったのです。

 

私は過去に何回か投稿していますが、

すべての物事は木に例えることができます。

 

この国を変えるには枝葉の色をかえるだけではなんの意味も無いのです。

この国にとって枝葉というのは憲法や法律のことを指していますが、

その国のシステムをどのようにどの内閣総理大臣が変えたとしても、

全く意味は無いのです。

 

変えなければならないのは足元にある根。

根本がかわらなければこの木の病気は治らないのです。

無理に科学的な肥料を与えればその時はいいかもしれませんが、

後から副作用が出てしまいます。

しかし、水を与えすぎても根腐れしてしまいますし、

乾きすぎてもやはり枯れてしまいます。

適切な方法でその根に長く寄り添って手当をしていかなければ、

本当に治らないのです。

 

これは私達の霊魂にも同じことがいえます。

霊魂れいこん、英:SoulもしくはSpirit)は、肉体とは別に精神的実体として存在すると考えられるもの[1]。肉体から離れたり、死後も存続することが可能と考えられている、体とは別にそれだけで一つの実体をもつとされる、非物質的な存在のこと[2]人間が生きている間はその体内にあって、生命精神の原動力となっている存在[2]人格的・非物質的な存在[3]。個人の肉体や精神をつかさどる人格的存在で、感覚による認識を超えた永遠の存在[4]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%8A%E9%AD%82

 

 本当に霊魂が癒やされることがなければ私たちは何も変わることが無いのです。

元来生まれた時の美しい霊魂は本当に自然の美しさそのものです。

 

しかし、それが人間の世界ではどんどん霊魂の質が低くなってしまい、

本来持っている姿が見えなくなってしまうのです。

これは本当に私にとっては悲しいことで、辛いことです。

 

霊魂の癒やし

霊魂の癒やしが不足しているのだと思います。

特にこの国では。

 

愛は赦しです。

この国に足りない癒やしを与えるのは愛です。

赦しがすなわち足りていないのです。

 

震災や原発事故で亡くなった方の霊もしかり、

生きている人の霊も然り、

様々な神々も然り、

怒りを露わにしています。

 

私に今できることは祈ることしかできません。

 

ただ、これからもっと様々な気持ちで何かを伝えることができるようになるということも自覚しています。

 

導きを信じて歩んでいきたいです。

 

私の光を感じてくれた方、信じてくれた方、助けてくれた方、

今まで本当にありがとうございます。

もう少しで恩返しができる準備が整うと思います。

 

その時その時できることを、

その日その日にできることを一生懸命に。

命の重さを受け止めて、

愛の深さを感じて今日も生活したいと思います。

 

 

私の中にある寂しさ

何年たっても

 

携帯やテレビの緊急地震速報の音は本当に嫌だ。

当時の事をまとめたドキュメンタリ動画も見るのはまず、心の準備が必要で。

 

でも、それを見て、本当のことを知ること、

周りに伝えることは本当に大切なんだと思う。

 

見たくない・受け止めたくないから始まる無関心

 

皆嫌で見てないのかもしれない。

真実を受け止めたくないのかもしれない。

心が辛いと叫んでしまうのかもしれない。

 

誰かが伝えなくちゃいけないし

私は辛いけど、知りたいし、私は辛いけど、伝えたい。

 

できるひとがやればいいと思う。

でも、出来る人がやればいいと皆が言って伝えることを辞めてしまったら。。。

それが私は一番怖い。

あの人がやってくれているんだからと伝えることを辞めてしまって、

っと国がなんとかしてくれる、きっと誰かが助けてくれると、

生きること自体も誰かに任せてしまってしまう人もいるくらいの国。

 

泣きたい

私は本当に怖い。

そして悲しい。

寂しい。

 

誰が悪いとか、

○○するのはダメだとか、

本当に何処を見ているのかわからないような議論もたくさんされている。

まるで自分は他人事で責任は他の誰かにあるような言い方すらする。

自分がそういうことにどこかで加担しているから今のシステムが成り立っていることにも気がつかづ、子供さえ助かればと言い、逃げた途端に安易な言動をする人もいる。

その安易な言動が、現地の人を苦しめる材料になっていることも知らずに。

この国のシステムの最悪なところを支えていることも知らずに。

その安易な言動を子供は見ているのに。

子供のことを本当に考えているんだろうか。

自分は年だからと諦めたかのように話す親を誰が見たいと思うだろうか。

 

私は悔しい。

私は悲しい。

寂しい。つらい。

 

私が出来ることを一生懸命にやるしか無いのだとおもう。

自分は自分。

信じた道を行こう・・・。