読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発事故で自主避難した私の生き方

福島からの自主避難者である「しすたー」の想いや考えを伝えます。

依存心・・・

皆さんこんにちは。

今日は体調が悪く、自宅におります。

原発から変な風が流れているようなので、みなさんご注意を。

さて、今日は、2014/12/28~のブログについての続きです。

まず、皆さんには申し訳ないな・・・と思っています。

あれだけ、言っておきながら結局行かんのかい!?

みたいな。

自分でも自分にツッコミ入れてます。

ですがここまで至るにも、私の中で葛藤がありましたし、つい先日の北海道の旅でも、どうしたらいいんだろうと思いをめぐらしていました。

大学は卒業したい・・・。

それが私の本心です。

大学なんて、ただのレッテル・・・。

大学に入ってないとできないこと・・・と言うよりは

ここで最後に自分にできることってなんだろう・・・

と考えることにしました。

私が結局やりたいことは、

福島の現実を知り、それを多くの人に伝えること。

一人でも多くの人と現実と向き合って、考えを深めていくこと。

大学でできることなんて、やはり、たかが知れてます・・・。

結局は自分で何がしたいのか。

どう動いていきたいのか。

だと思っています。

北海道への移住。

来年こそ、必ず・・・。

帰ってきたくなかったな・・・正直・・・(笑)

でも、私は帰ってきてしまいました。

やはり、自分では思っているつもりがなくとも、

私は山形が好きなんだろうし、東北が好きで、日本という国が好きなんだと思います。

好きなところに結局は戻ってきてしまった。

でも、私は北海道で流した涙は、本物の涙だったと思っています・・・。

あんなに、泣いてしまうなんて思ってなかったですから・・・。

あの涙は私を癒してもくれたし、強くもしてくれました。

必ず、またここに来るんだ・・・と思えた・・・。

戻ってきて、私はまた、いろんなことに愕然としています。

震災5年目に入る「節目」と呼ばれるものを良いことに、メディアは動いているし、

社会の流れも自然にその方向に動くようになっています。

今日はどのくらい放射性物質が飛んできているんだろう・・とまた考えるようになってしまいました、

呼吸もつい、北海道での呼吸の心地よさを思い出して、思いっきり吸いたくなってしまったりします。

呼吸を小さくするように心がけて生活しているなんて、北海道に行くまで気が付きませんでした。

こちらに戻ってきてから、呼吸法をまた替えなければならない。

なるべく、小さく、浅く呼吸をして、体への吸収を抑えています。

空を見て、私は、

「あと、1年も・・・」

とうっすら先日また、くだらないことを考えてしまいました。

馬鹿だな・・・と思いつつ、ここで生きることの違和感と、異常さをまた感じ取りました。

正直、よく我慢してるよな・・と思います。

我慢なんて普通しないですよね。

衣食住について、不安を感じるなんて、異常なんです。

異常さを感じるなら、足かせが云々とか、そんなことは言ってられない・・・。

でも、私はそれでもここに残ることを決めてしまった。

それは、やはり、来年の北海道での生活の社会的評価を心のどこかで気にしているから。

そして、、、残ってやりたいことがあるから・・・。

できる手当をやって、なんとか生き延びて、来年飛んでやるんだという新たな気持ちを持つことしか今の私にはできません・・・。

実際放射能がどれだけ危ないかは、線量と言うよりかは、個人差があると私は思っています。

だから、どこからどこが危ないとか、線量が云々とか、そんなことは正直どうでもいいです。

土壌は作物を育てることもあるので確認したほうがいいとは思っていますが。

危ないだの何だのって言うことは自分で動いてから言ったらどうなんだと思っています・・・。

それは、官邸前デモもそうだし、汚染地帯で原発反対と言っているような人も同じです。

つまりは、私も上記の人間ということです。

私はそれをわかった上で話しています・・・。

Twitterでもこうした意味での情けなさや、他者に対しての発言も、結局は自分に全てかえってきます・・・。それでもなお、私がこうして声を上げているのは何故か。

だれかが、声をあげなければ、何も始まらないからです・・・。

自分の大切な土地をこれでもかというように、機会があれば地元でなんとでも言ってやろうとと思っています。分かっていて、みなさんは住んでいるんですよね。と。

その異常さに気がつく人が一人でも増えてくだされば幸いです。

・・・まあ・・・こんなことを言っても心は周りの影響を受けて変わりやすいものです。

残念ながら、私もその1人です。

口ではなんとでもいえます。

でも、周りに流されてしまって、自分の真ん中にある気持ちすら見えなくなってしまうような事が時々あります。そして、それは私に常に、良からぬ結果をもたらしています。

流れるままに、その時に任せて・・・そうやって楽に生きていくことだってできます。

汚染地帯にのこってしまった人の多くはそういう人だと思います・・・。

私自身もその1人だったということに気がつくのに、時間がかかりました。

依存心を捨て始めた時に気がつきはじめたのかもしれません。

周りがどうこうとか、大切な人が云々とかそういうことではなく、

「私が」何をしたいのか。

「私は」何ができるのか。

そういったことを具体的に考えるようになってから、

私はいろんなことが見えるようになっていたように感じています。

また、変なことを沢山書いてしまった気がします。

では。また、更新します。