原発事故で自主避難した私の生き方

福島からの自主避難者である「しすたー」の想いや考えを伝えます。

仕事

人が仕事をするということについて。

お金がもらえること=仕事、だろうか。
仕事とは働くこと。
仕える事と書いて仕事。
うーん。。。

誰かのために何かするということは、
仕事になりえるのではないか。

でも、もしも、
それが誰かのためだけだったら、
かなり、欺瞞的だと思うし、
偽善者だとも思う。

義人はこの世にだれ1人として、
いないのではないか。。。
どれほど、人に尽くしたとしても、
どこか至らないところはあるだろうし、
間違いも犯す。

私が思うに、
仕事は自分のためにすることだと思う。
それは、どんな形であれ。
私なら今派遣社員として生活していて、
一方で自宅で小物を作ったり
絵を描いたり、
または、ブログをかいたり、
友人のイベントを手伝ったり…
そんな毎日である。

派遣での仕事は自分のためと言えるのか。
といわれたら、
自分のためではあるが、
本望ではない。。。
と言う感じだ。

本当なら起業して、
若者コミュニティーを作ったり、
農業に携わったりして、
心のゆとりのある生活をしたい。

お金がなければ生活できない。
確かにそれは言える。
ただ、心の豊かさは忘れたくない。
自分が好きなことと、
やりたいことをそれぞれにうまく融合させ、
化学変化させて、
何か良いものは作れないのかと
今正に思案中…。

何でもできるときに、
何でも経験して、
何度でも失敗したい。

いきなり成功するのは難しいから。

自分のためにもっと幸せになる道を、
仕事という観点からも考えていきたい。

自分のために仕えることが、
幸せにつながるのではないだろうか…。
偽善でもなく、
欺瞞でもない、
そんな生き方を追求したい。