読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発事故で自主避難した私の生き方

福島からの自主避難者である「しすたー」の想いや考えを伝えます。

昨日の夜

危惧していること

昨日、というか夜中、パニック発作が起こった。

高校生の時は良くわからずしてパニック発作が起こっていた。しかし、物事を比較的冷静に見られるようになってから、たまにこういうことがおこると刃物を見るとどうも手にとって突発的な行動をしてしまいそうになるのだ。

多分、それは高校生のころに様々自他に向けて抑圧してきた思いがあふれてきている証拠なのだと思うし、きっと精神的にも治りかけているのだということは理解できる。

高校生のころよりも良くも悪くも発散する事につとめようとしているのだとおもう。

それでも、もしも突然の発作で死んでしまったら…いつか大切な人を傷つけてしまったら…と思うと、それはそれで発作が起きそうなくらい不安になってしまう。

うつ病の薬で治るのか


治るのかな…。
薬だけで治るもんなのかな。

根本的問題が解決されなければ私の心の傷は埋まらないんじゃないだろうか。

それこそ原発がなくなって、
放射能がなくなって、
平和に楽しく暮らせるようになればいいのかもしれない。

近くの心療内科にいって、薬をもらうことも最近真剣に考えてもいるけれども…。

薬で問題がなくなるわけじゃない。

私はどうしたらいいんだろ…。

まだまだ不安なことは多いですが…
生きると決めたから…。

生きる。生きたい!!