読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発事故で自主避難した私の生き方

福島からの自主避難者である「しすたー」の想いや考えを伝えます。

避難するときのすすめ

避難のすすめ

こんばんは。

 

さて、今夜は避難のすすめというものを書いてみようかと思いました。

かなり本気モードで書きます。

批判が出る可能性もある記事内容です。

私のエゴの塊ともいえるかもしれませんが、それでも伝えたいので書きました。

 

私は短大一年生の時に1人で山形から北海道に移住しました。

福島から避難した時は家族避難でしたから、私の個人的費用は必要ありませんでした。

まだ高校生になりたてですから(´・ω・`)

 

お金のため方

短大生の時に山形での生活に疑問を感じて1人で飛び出してきた時、

私の所持金は20万くらいでした。

アルバイトでためたお金と避難することに賛同してくれたひとがお金を善意で渡してくれた文も含めるともしかすると30万くらいかな。

20万というと大きな金額のように感じますか・・・?

 

ですが、実際に一ヶ月仮に今から貯蓄したとします。

 

これ、社会人の私からすればこういうプランでどうでしょうかということがいえるのですが・・・。

まず、一ヶ月12000円貯蓄に回せます。

これはおおよそ週末(週休2で3000円(1500×2)で四週間分(3000×4)として換算)に外食(カフェやコンビニ含む)したものだと考えて下さい。

今、外食といえばどこの産地のものが入っているのか分からないと言う事を考えれば、外食から足が遠のく人も多いのではないでしょうか。

次に、更に3000円貯蓄に回せます。

携帯をキャリアに登録されている方はそれを解約して格安シムにしてください。

そうするとかなり出費がおさまります。

また、更に3000円貯蓄できます。

これは会社で弁当を購入している、または外食で済ませている方へです。

弁当は持参しましょう。

別にタッパーに白米(本当は玄米とか酵素玄米とかが善いと思います。)を詰めて、納豆や梅干し、漬物を漬けるだけで大丈夫です。

これらだけで月におよそ18000円~の貯蓄は人によっては可能だと思います。

これを一年も続ければ20万の貯蓄は人によっては本気でやれば可能です。

 

話を戻すと、当時学生で自宅にいたのでバイト代は自由に使えました。

これ、かなり重要です。

脱出したいと思っている若者でバイトをしている人はこれは使えると思います。

特に実家にいるひとは是非やってみて下さい。

社会人の方でも可能だと思います。

私の今の月給は実は15万前後です。

ですが一ヶ月半で20万の貯蓄を貯めることに成功してます。

とりあえずお金はなんやかなんや回ってきます。

お金に感謝して、使うときもいつでも戻っておいで~とおまじないをかけるだけで全然違います。突然臨時収入が入ってきたりします。

 

あとは避難することを前提にもしも貯蓄するとなるとかなり状況が変わってきます。

また、それは若ければ若いほど動きやすいと思います。

自宅のローンや車のローンもほとんど無いでしょうし。

もしもあるなら、その自宅、その車売ってしまいましょうと私は言いたいですが。

車はかなり汚染物質運んでます。

もしもその車を避難した先で使うことをしてしまえば、汚染を広げてしまいます。

周りの人に迷惑がかかりますので控えましょう。

命がかかってますから。

 

あと、仕事で動けないよという方。

在宅で美味しいお仕事もありますし、私の知り合いでは多くの人が今派遣で仕事されてます。また、私としては避難先で生活保護を取得することもありだと感じています。

実際精神的ダメージも多いのは事実ですし、仕事が手につかないほどの体調不良ということであれば役所はある程度助けてくれます。

助けてという白旗をあげることは何も悪いことではありません。

TwitterはじめSNSもいまでこそ活用できるのですから、手段問わずに助けを求めていきましょう。

実際に私はそうしてます。

確かに若くて、女の子だし、世の中的にも生きていきやすい方なのでしょうけど、それ以上に声をあげるのかあげないのかでは全然話が違ってきます。

 

あと逃げる際に大切なのは、

誰かに責任をなすりつけたりしないことです。

自分の行動には自分で責任を取りましょうということです。

ただ白旗をあげていても助けようがないのと同じです。

どのように助けてほしいのか。

それもただ、金銭的に困っているということではなく、具体的に。

ITの在宅の仕事を探している。とか。

洗濯機を安く購入したい。とか。

子供を一時的に預かってくれるようなところを探している。とか。

とにかく、具体的にどのように頼りたいのかということを明示することが大切だと思います。

これは私の経験から言えることです。

具体的にHelpをだせればやはりすぐに助けの声が回ってきます。

知り合いが避難先にいるのであれば、声をかけて素直に相談するのはありだと思います。

 

自分のできることは自分でやって、無理のあるところは素直に言う。

そのうえで解決策が見つかったら先に進むということをしていくのが一番だと思います。

 

どうして私が・・・という思いに駆られる人

正直にお話すると、避難されたあとで、帰ることを決めた方もいらっしゃいます。

精神的に病んでしまって命を絶つくらいなら、

私は現地に帰ったほうが良いと思います。

命あってのこの人生ですから。

でも、私は思います。

命あっての人生だからこそ、避難先で自分らしい人生を歩んでほしいと。

それでもやはり、帰るかたもいらっしゃいます。

今の社会に染まって生きられるのであれば、それはそれで楽かもしれません。

でもそれも長くは続かないだろうなと正直感じています。

日本の社会システム、世界システムの限界を感じるからです。

 

命をないがしろにする生き方は終わりにしませんか。

自分の子供が知らず知らずのうちに社会に利用されてしまうような悲しいことをこれ以上増やしたくないんです。

私は本当に辛い思いをたくさんしてきました。

 

ただ、たくさんもがいた中で、

死にたい。が、生きたい。に変わりました。

それは自分が真実を探し続けた先に出会った人々のおかげです。

スピっぽい話にもなりますが、私は引き寄せの法則は本当にあると思ってます。

私が本当に本気でそう思ったから、認識したからこうなった。

実現できた「今ここ」があります。

 

楽しいことは作ればいい。

「今ここ」にないなら、自分でつくってしまえばいい。

本当に人、もの、状況様々なものが引き寄せられます。

それは悪いものも良いものも。

 

どうして私だけがと悩むのは傲慢です。

皆それぞれにおかれている状況は同じです。

変な話一人ひとり、その物事への捉え方や認識がちがうだけです。

周りと比べずに、「私がどうしたいのか」ということを考えることが重要だと思います。

 

避難しようか悩んでいる方へ

 

何事もイメージを明確に持つことは重要です。

 

もしも、少しでも避難することに疑いがあったりするならばその状況は実際に作られてしまいます。その認知度が高ければ高いほどにその状況が発生する可能性は高くなるように今の世界は出来ています。(最近本当に科学的も証明されました。)

 

しかし、これはポジティブになりなさいということではないです。

ポジもネガも無い。

ただ、命がより輝く方向に自分が歩みたいと願い、イメージすることです。

 

人間の本能に逆らうことなく生きていれば毎日が楽しくなります。

避難した先でも同じことが言えると思います。

確かに周囲の人の無知に嘆くこともあるかもしれませんし、何か不安に陥ることもあるかもしれません。

それでも忘れてほしくないのは、避難することは間違っていないことだし、それは命の原理に従っていることだということです。

 

そのうえで、もしももとのところに帰還することを気持ちよく判断されるのであればそれでも善いと思います。もしも、誰のせいにすることもせずできるなら、です。

 

避難する、しないにせよ、

人のせいにするのはやめましょう。

 

逃げた人も残った人も悪くないのです。

強いて言うならせめるのはこの国のシステムとそれを悪利用する人々です。

 

矛先を向ける方向を間違えないで下さい。

 

最後に。

若い人は、できるだけ逃げてほしい。

これは間違いなく私のエゴです。

でもそれでもいいたい。

若い人は逃げてほしい。

この国は異常です。

分かっていても動けない、動かないひとが多いのが私達の年代なのはよくわかります。

でも、だからこそ動きましょう。

老害の為に働く必要はないのです。

家族や会社のせいにするまえに、自分のために何ができるのかということを考えられたら前にすすめるような気がします。

 

長くなりました。

また更新します。