読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発事故で自主避難した私の生き方

福島からの自主避難者である「しすたー」の想いや考えを伝えます。

私にとって学ぶこと、知ることの意味。

こんばんは。

今日は頭を空っぽにしてすごしました。
そういえば頭を使わないで休ませることで、(ぼーとすることで、)あたらしい発想が生まれたりするそうです。
 
あまり一つのことにとらわれすぎても、そこしか見えなくなってしまって本末転倒ということもあります。
 

私が考えをまとめるときにしていること。

私は短期記憶が苦手なので、紙に書き出しています。また、手帳をつかって自分のやりたいことをまとめています。マインドmapをかいたり、want to listにしたり。
 
大切なのはやるべきことではなくて、やりたいことをまとめること。そして、それが人と人との関係において不公平性や価値観、考え方の二元化を生むことのないようにする必要があります。
 
なぜなら、不公平性があってはまた、憎しみや悲しみが生まれてしまい、弱者が結局減らないということが歴史的にも繰り返されてきたからです。
 

学ぶこと・知ることの意味

 
この国は、歴史から学んでいないことが多くあると思います。そしてまた、恥ずかしながら、私も知らないことがたくさんあります。
 
日々学ぶことがたくさんあります。
学ぶことで悲しくなったり、辛くなったりすることもあります。しかし、知ることで解決策をより具体的に考えることができます。
 
無知によって悲しむ人、苦しむ人を増やすより、知ること学ぶことで喜ぶ人、楽しむ人が増えることを私は選びたいです。
 
マザーテレサは言いました。
愛の反対は無関心だと。
 
ただ、関心が一時的にあるだけでは愛し続けることは難しいかもしれません。
関心を持ち続け、知り続け、学び続けることが愛しつづけるために必要なことだと私は考えます。そして、愛しつづけることは、お釣りを出し続けることでもあると私は考えています。(先日の今一生さんの著書についての記事でも触れました。)
 
また、更新します。
いつもよんでくださっているみなさん、本当にありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。