読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発事故で自主避難した私の生き方

福島からの自主避難者である「しすたー」の想いや考えを伝えます。

生き急ぎ死に急ぐな

こんばんは。

私が今夜ふと思ったのは、
今のご時世、生き急ぎ死に急ぐ傾向が強いなぁということです。


え?と思う人もいるかもしれません。
ただ、その時、そのときを
真剣に一生懸命生きたいと思うその姿は美しいです。
しかし、それは長く一緒にその時その時を歩めたら幸せだと思うのです。

太く、長く生きる。


太く、長くなんて、
響きが怪しく聞こえる気がしますが、
それは置いておいて(..;)

生きる幸せって、生かされてる幸せをかみしめることなんだろうなと思います。

日々、何かに、誰かに生かされてる。
そういう関係性が私を支えているのだと思います。

光があれば闇がある。
闇があって、光が作られた。
だとすれば前提条件は闇。
闇にとって光は眩しいのでしょう。
しかし、光にとって闇とは、木陰かもしれない。光があるから闇にも役割が与えられる。

真っ暗な闇はすべてを飲み込み、
依存の海へ引き込みます。
光を飲み込むほどの闇。
でも、その闇も見方を変えれば、つまるところ、光を求めているんですよね。

私は闇によって心も魂も傷つきました。
でも、根っこは残っててくれました。
綺麗に。うつくしく。

ただ、傷があるからまた光が屈折して、きれいに見えることもある。儚い光に見えることもある。それこそ、もっと強い光なら私は綺麗に輝ける。

導きという言葉

神様の導きという意味ですが、
恐らく神は光でもあり、闇でもあるのだと思います。つまり、光と闇の相互の導きがあるようにという意味でもあるのではないかと私は勝手に理解しています。

生きる、死ぬも関係ないくらい、
私たちはただ、ここにいます。
それはビッグバンのときから時間が動いていない、私たちそのものがビッグバンであるということを意味しています。

生み出され、生み出している。
存在しているのは認識があるから。

地球も生きてます。
地球に認識されてるから生きている。生かされている。それだけです。

なんだかオカルトな方向へ…^_^;

そろそろ寝ます。
おやすみなさい。