読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発事故で自主避難した私の生き方

福島からの自主避難者である「しすたー」の想いや考えを伝えます。

見返りを待っていても何も始まらない

見返りを人は待ちたがる

https://images.pexels.com/photos/6371/red-love-heart-valentines.jpg?w=940&h=650&auto=compress&cs=tinysrgb

こんにちは。

今日のテーマは見返りです。

私はこの数週間でたくさんのことを学んでいます。

自己成長しているなーという実感があります。

 

私たちはよく、人に期待します。

もっとどうして気がついてくれないのだろうか。

どうしてこうなのだろうか。

という気持は結局のところ期待を裏切られた時に出てくる言葉です。

 

期待をするということは、

相手に見返りを求めているということでもあります。

 

何かをしてくれるのではないかという期待。

自分はこれだけやっているのだから、お返ししてくれて当然。

実はそういう気持が実際に未来を遠ざけています。

 

理解できて当たり前というエゴ

https://images.pexels.com/photos/50592/heartsickness-lover-s-grief-lovesickness-coupe-50592.jpeg?w=940&h=650&auto=compress&cs=tinysrgb

自分がこれだけの学びを得ているのにもかかわらず、

相手はどうして学んでくれないのだ。どうして理解してくれないのか

と感じてしまうことはよくあります。

 

こうした感情は結局傲慢なのだろうなと最近つくづく思うのです。

 

相手が理解して当たり前ということは実際になく、

相手が自らが学び得て初めて理解し合えるのです。

 

つまり、誰かが理解してほしい!と呼びかけてもそれは無謀な叫びであり、

自然の原理に従ってないということになります。

 

無理やり捻じ曲げてしまって、相手に無理をさせてしまっては元も子もないのです。

 

理解してほしいというエゴを手放して、

ただ、私は私の道を歩んでいくのだという覚悟を決めた時に、

世界は動き出します。

 

見返りを求めずに自分の道を進む

https://images.pexels.com/photos/321444/pexels-photo-321444.jpeg?w=940&h=650&auto=compress&cs=tinysrgb

見返りを求めずに自分の道を進むということは自分を信じるということにもなります。

自分を信じることは自分に期待することではないかという考えもあるでしょう。

 

しかし、それは違います。

自分に何かをしてほしいと望むわけではないです。

ただ、ありのままの自分のままで良いのだと自分を認めるという自己肯定感をもつという事が大切なのです。

 

誰かに対して失望する時間を自己肯定感を高める時間にできれば見える世界が変わってきます。

 

誰かに対して失望している時、人は自分のことも失望しています。

誰かに期待している時、人は自分に対しても期待しています。

 

 

向上心は大切です。

しかし、その向上心は自分の中から湧き出る感情です。

他者から発破をかけられてもつ感情ではないのです。

常に成長する基準になるのは自分自身です。

ライバルは常に自分。

他者と比べるのはお門違いなのです。

 

神様の愛は無償の愛(アガペー

https://images.pexels.com/photos/225744/pexels-photo-225744.jpeg?w=940&h=650&auto=compress&cs=tinysrgb

必要以上に自分に期待をかけるというのは神さまに対しての傲慢さとも言えるかもしれません。

できること、出来ないことがあって当たり前。

その壁を無理やり超えて、完璧な人間であろうとすればするほど、軸がずれていきます。

 

神様のために自分がどのように生きたら良いのかということを私は見失わないように生活したいなと思っています。

 

人間は見返りを求めてしまいます。

それは恋人でも夫婦でも愛するということにおいて見返りが発生することが度々あります。こんなこと言ったら嫌われるんじゃないか、こんなことしたら嫌われるんじゃないか。そんな感情が渦巻きます。私はこんなに家事も育児もやってるのにどうして何もしてくれないの?俺はこんなに仕事やってるのに、どうしてねぎらってくれないの?

そういう感情がぐるぐるするのは見返りを求めているからです。

 

見返りに愛を要求するのは傲慢でしょう。

愛しているから愛し合うのに、

見返りのために愛し合うのって寂しいなと私は思うのです。

 

条件付きの愛ってそういう見返りのある愛だと私は思います。

見返りも何も要らない。

変な話、全部私の自己満足。

自己満足の為に自分にも相手にも尽くす。

と思って自分のために尽くすことが出来たら、

それがお互いに尊敬に変わって、愛になるんじゃないかと私は思います。

 

愛が呼ぶ方に。愛がある方向に。

進んでいきたいです。

また、更新します。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村