読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発事故で自主避難した私の生き方

福島からの自主避難者である「しすたー」の想いや考えを伝えます。

愛のあるイベントに参加して

障碍者の魂

f:id:nostalgia311:20170503000857j:plain

今日はイベントに参加してきました。

障碍を持つ方と一緒に音楽を楽しむイベントでした。

その会場の気がすごく良かった。

言葉に表現できないくらいに。

暖かさも感じるイベントでした。あー。これが無償の愛なんだと。

 

草間彌生という人

 

ところで、少し話がずれますが、

草間彌生というアーティストは統合失調症だと言われています。

 

奇抜とも言えるあの色を彼女が選んでいる理由。

私の勝手な憶測ですが、あれは魂の個性だと思ってます。あの色は。

それこそ人間味こそある魂の色。

 

凄い。本当に。
曖昧さを残さない美しさ。その魂たるや。

 

f:id:nostalgia311:20170503000514j:plain

今日、イベントに参加して、障碍を持つ人の魂が本当に美しく見えたのです。

彼らは本当にありのままの姿で生きることの意味を明確に教えてくれました。

 

生きるということはそんな生ぬるくない。

それこそ、ドロドロもしていれば、人間らしさもある。

でも、障碍を持つ人には建前なんてものは存在しない。

自分を取り繕うということもしない。

本当にありのままの自分を表現するとてつもない力を持っている。

 

神様からの贈り物

f:id:nostalgia311:20170503000713j:plain

命は、その存在は神様からの贈り物。

神様から皆愛されている。

そのことを実感する1日を過ごしました。

 

本当に大きな愛に包まれている。

神に祝福されている。そのことを心から感じるイベントでした。

 

生まれたこと、出会えたことに感謝しかありません。

すべての人が本当に神様から愛されているんだと感じました。

私たちは一体何に患っていて、何に翻弄されているのかということを考えさせられました。

 

かけがえのない存在。

皆がそう。

欠けて良い人なんていない。

 

皆が美しく、そして、素晴らしい。

 

草間彌生にははっきりとそれが見えるのでしょう。

私にはその愛や優しさと言うものをふわふわした色彩で描くのが好きですが、

彼女のようにその人間たるや魂をしっかり捉えて表現できるということもやはり、素晴らしいし、真似出来ないと思いました。

 

今日、出会ったひと、すべての人に感謝です。

本当に、ありがとうございます。

 

また、更新します。