読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発事故で自主避難した私の生き方

福島からの自主避難者である「しすたー」の想いや考えを伝えます。

ゆるふわスピはお嫌い

フリーライターってこんなに安請けなのか・・・

それが最初の印象でした。

物書き舐めてるなーと思いました。

というか家で仕事するという人たちがどういう人達なのかということを理解してないよなーと思うのです…。

 

私なんて確かにエンパスだし、シンパスでもあるから(つまることろ霊媒体質)

本当にわけがわからないようなことが日常的に起こったりするんです。

会社に勤めてても目の前の人、会社の人が何を考えているかも、どんな感情かもすぐに分かってしまう。嘘も悪口も、すぐに分かってしまうし、悩んでるなーという人も、病気持ってるんだなーという人もなんかもやもや伝わってきてしまって。

 

だからといって仕事しない!というのは傲慢だなと思い、

自宅でデキる仕事をしてみようと思って始めたライターの仕事。

 

請負で3000字書いて良くて1500円程度。

それってどのくらいかって。一時間で簡単で楽な記事ならたしかに3000字書けるんだけど、そうじゃないときもある。そうじゃないときのほうが多いといったほうが良いのかな。

 

それでもこれで食べてイケてる人がいるんだからすごいわ。

尊敬します。

私は文章を書くのも読むのも好きだから、かなりかける方ではあるのだと思います。

クライアントからも提出が早いことを驚かれたり、

指摘する部分が少ないからホント助かるということも言われます。

ただ、やってて思うのは、

あー意外と向いてなかったということ。

意外すぎて笑えちゃう。

 

私が書きたい分野

例えば自己啓発系であったり、どっちかというとスピっぽいこと。

震災のこと、原発事故のこと。

自分の経験がとにかく誰かに活かされるということをのぞんでいます。

他の人が絶対に経験してないことだと思っていますし、

私にしか発信できないことがあると思うからです。

 

高次元のエネルギーを持った人との関わりが私を本当に力づけてくれます。

沢山の人に囲まれながら、いろんなことが出来ています。

ライターの能力、物書きの能力は多分、私の場合そっちで使うものなんですね(^_^;)

 

原発事故とスピ!?

もともと、

笑顔でいれば放射能はきませんよ。

といった山下俊一は、半分当たってて半分間違ったことをいっているわけです。

確かに精神的な問題というのは病気と非常に大きな関係があります。

病は気からというように。

しかし、放射能というのがなぜやばいのかというと、

DNAをとにかく傷つけます。

それが治ろうとして結合した時に、今までの順番ではない順番でDNAが再生してしまう。

そのことによって奇形児が生まれてしまったり、病気になったり。

もともと、体弱かったり、アレルギーを発症していなかったひとたちが病気になったりするわけです。

 

病は気からというので、場合によっては低級霊で病気になったりする場合もあります。私も、精神的に病んでいるという場合には、自分が今そういう状態なのだということを理解してまずは体を清めることを優先します。瞑想したりお祈りしたり。←これ重要。

 

寄せ付けない強さをもって、人と対峙できればよいのですが、

やはりそれはそれで疲れるんですよね。

時間が立てばある程度復活するというのはあるので、休めばなんとかということもあります。

それでも社会生活は普通に難しいですね。今ではそんなに困らなくなりましたが。

神さまに任せることにしたので。

自分の直感を信じて、全てを神様に委ねることで、自然と、シンプルに物事が流れていくということが分かってきました。

 

病は気からというような考え方はスピというより、療法に近いと思います。

私自身が今やっていることも今のスピというより、

療法にちかいのでしょうね。

 

ゆるふわスピはお嫌い

ただ、私は、ゆるふわスピは好きではありません。

なんでも楽しいことをやればいいのよ♡

なんでもニコニコしてればいいの♡

だってそういうものしか来ないもん♡って。

そんなの現実見てないよなと思います。

 

善し悪し合わせて、闇と光があって、初めてこの世界は成り立ってる。

闇に集まるものもあれば、光に集まるものもある。

常に表裏一体。

闇も光もあるけど、無い。

(ちなみに放射能は、中身は「闇」です。光なんですけどね。だから人は勘違いする。安全だとか、安心だとかね。)

私はやはり、札幌にいても尚、放射能のことは心配ですし、

戦争はしたくないです。

そして、やはり、そういう歴史の癒やしというのは必要だし。

歴史の癒やしは私達が歴史を知るところから始まるのではないかと感じています。

 

私は特に東京近辺でゆるふわで高いコストを要求するようなスピの人たちに疑問をいだいています。どうしてそこにいるのかな?・・・と。

本当のスピのひとなら、その場所を選ばなような気もするのですが・・・。

ちょっと私には理解できないです。ごめんなさい。

スピという言葉がミーハー化してしまったのも本当に悲しいことだなとも思います。

私の中で嫌悪感がでてくるんですよね。

言葉の気が悪いというか。もっと別な言い方ないのかしらと思ったり。

私の先入観かな(^_^;)

 

ただ、沢山のひとが、生きるという方向にすこしでもシフトしていったら、

もっと世の中は良くなるはずだと思っています。

 

神様からの贈り物

生まれながらにもって生まれてきたものってあるんですよね。

どうしても逆らえないものがあるといえば良いのでしょうか。

本当にふしぎだなと感じています。

神様からの贈り物です。

大切にしたいと思います。

 

ライターの仕事の片手間で、アクセサリーやイラストを描いています。

よかったらネットショップしているのでお店に遊びに来てくださいね。

特にエンパスの人向けのものです。

愛をより感じたいという人や、インスピレーションを感じたいという人向けのお店を展開してます。癒やしのお店だと思ってもらえればそれでいいかな。

 

気も安定期に入ってきています。

自分一人になる時間も本当に必要なんですね。

私にとって一人の時間が今では至福の時間です。

一人の時間もあって、誰かと会う時間もある。

そのくらいが今の私にはちょうどいいみたいです。

 

また、更新します。