読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発事故で自主避難した私の生き方

福島からの自主避難者である「しすたー」の想いや考えを伝えます。

「大人」たちへ

 

ねえ、放射能って怖いの?

安全だよ。安心だよ。安全じゃないよ。安心じゃないよ。

笑ってれば来ないよ。

チェルノブイリ原発事故では沢山の人が苦しんだんだよ。

 

げんぱつって何?

ほうしゃのうって何?

ちぇるのぶいりって何?

 

何にもこの国は教えてくれなかった。

「平和」な国なのに。

何もこの国の大人は教えてくれなかった。

「常識」を大切にする「良心的」な大人なのに。

 

ねえ、どうして大人はこうやって嘘をつくの?

さあねえ。そういえば宿題はしたの?

 

どうしてウソを付くのか。

どうして常識なんてあるのか。

どうして学校にいみがあるのか。

どうして働くことにいみがあるのか。

 

何にもこの国は教えてくれなかった。

「平和」な国なのに。

何もこの国の大人は教えてくれなかった。

「常識」を大切にする「良心的」な大人なのに。

 

ねえ、どうして・・・

うるさいわね。黙ってなさい。いつまでも泣いてるんじゃないよ。

 

私は泣けなくなって、

私は悲しくなくなって、

私は嬉しくなくなって、

私は楽しくなくなった。

 

手のひらから何もかもが滑り落ちて、

何にも感じなくなって、

何もしたくなくなった。

 

いっぱい自分を傷つけた。

いっぱい周りも傷つけた。

 

愛が欲しかった。

でも満たされなかった。

 

いっぱい自分を傷つけた。

いっぱい周りも傷つけた。

 

優しさが欲しかった。

でも満たされなかった。

 

いっぱい自分を傷つけた。

いっぱい周りも傷つけた。

 

お前は黙ってろと。

何か私はまちがったことを言っただろうか。

今日も空を見上げる。

何も理解してもらえない。

ぶつかる。ぶつかる。

 

 皆辛いんだよ。いつまでも泣いてるんじゃないよ。

私は辛いと思っちゃいけないんだろうか。

泣いちゃいけないんだろうか。

今日も空を見上げる。

何も理解してもらえない。

すれ違う。すれ違う。 

 

良い子を演じて、

働いて、常識を身に着けて、

カオナシになっていく。

能面になっていく。

 

何もかも信じられなくなって、

私も能面になっていく。

 

何にも感じない。

何にも思わない。

そういう「大人」になっていく。

 

「平和」な国なのに。

「常識」を大切にする「良心的」な大人がたくさんいるのに。