原発事故で自主避難した私の生き方

福島からの自主避難者である「しすたー」の想いや考えを伝えます。

それでも黙らない

共謀罪は凶暴だ

こんにちは。

 

共謀罪、通ってしまいましたね。

牛歩は7人。

 

悲しいですね。

 

野党が野党としての機能を果たしておらず、「結局グル」と思わざるをえないような状況でした。

 

共謀罪は凶暴。

言いたいことが言えなくなる。

 

やましいことがあるんじゃないか?とか、

共謀罪に反対しているやつは在日だとか言っている人もいるけど。

やましいことって、ない人いるんですかね。

今回の法案は何をやましいとするかというのを国が勝手に決めて、

不都合だったらそれはやましいこととして定めちゃうわけだし。

在日??私、在日じゃないけど笑

 

安倍さん主導の政治が行われてるなーと思う。

何に焦っているのかわからないけど、きっとこうして強行採決までしてやらなきゃいけない理由があるんだろうね。

 

思い出話から気がついてしまったこと

それでもこの国の人は、沈黙している。

ただでさえ、原発事故後に口封じされて沈黙する人が増えたとは言え、

それが全国的にもっと広がりを見せることになるって相当やばいよなと思う。

 

今大切なのはひとりひとり、覚悟をもつということだと思います。

確固たる覚悟。

生き方のベースになるのは「安倍思考」ではない。

あくまでも自分の意思で動くという事が大切。

 

沈黙が生むのはなんだろう。

若者は、安倍支持が多いという報道を見たが、

変化を恐れていたり、自己犠牲が伴ってもいいから国を守るのが優先という言葉があった。

 

非常に今の若者らしいなと思うような発言だと私は思った。

長期政権になっているし、ころころと変わられても安定しないから嫌だ。

就職率が上がったから感謝してる。

これらは若者が自分の不安定さを身をもって感じているからこそ思うことなんだろうなと思う。

 

この間、バブルの時代に私ぐらいの年齢だった人と話したのだけれども、

若い頃は楽しかったよねということを話していた。

若いっていいわね!楽しいばっかりじゃない。って。

 

私は気がついてしまった。思い出話を楽しそうに話す姿をみて気がついてしまった。

若いから楽しいのではなく、その時代が非常に潤っていて楽しかったのだと。

 

私が60にもなったときに、若い頃を振り返っても、

楽しい思い出と言うよりか、大変な時代だったという印象でしか無い。

 

世界の変化に対して逆らうような日本の古いやり方にうんざりしていて、

若い人はただただ苦しいだけ。

 

そういう世の中だったとしか言えないだろうな。

強いて言えば、あ、ここまでよく生きてきたという感情になるかも笑

 

若者よ、落胆しても良いのだ

 

と私は自分にも言い聞かせたい気持ちになってしまった。

 

下手によろこんだり、嬉しがったりしてしまっている今の世の中は、お金を殆ど使わず、結婚もしない。別に楽しいことなんて特に無いし、生きているだけで良いという状況になっている。

 

それを年上の人はなんて冷めてるんだろうと言ったりする。

もっと愉しめばいいじゃないと。

 

滑稽だなと思う。

 

でもだからといって私達若者は同情してほしいわけではない。

 

沈黙という行動

若者はそういう意味で沈黙しつつ、行動として示しているのかもしれない。

仕事に行かなくなったり、

早期に生活保護をうけたり、

引きこもりになったり。

 

黙っていても変わらないのだけれども。言ったからと言って変わりゃしないような負の遺産をこの国は残してしまってる。

 

言うなら愚痴ではなく対案だろうな。

 

私は気持ちのある大人の人とこれからもつながりを増やして、アクションを起こしていきたいと思っている。沈黙という行動はあまり性に合ってない笑言わんと気がすまないタイプ。

 

なんだか決意表明のようになってしまった。

また更新します。