原発事故で自主避難した私の生き方

福島からの自主避難者である「しすたー」の想いや考えを伝えます。

知事抹殺の真実と共謀罪

もう、7月!?近況報告

f:id:nostalgia311:20170709012749j:plain

こんばんは。

 

お久しぶりです。

 

6月が過ぎて7月になりました。

早すぎね!?

 

7月に映画の上映会があり、かなりバタバタしていました。

 

ブログの更新をしている時間が無いというほどに忙しかったのだと思うと、

それはそれで嬉しい気持ち。

 

今日は久々にオフです。

 

ライターの記事書きもしばらく休止しています。(というか、書ける記事がなかなかデてこないっていうのと、検収が終わって無くて返事が来ないとか。。。)

 

なんやかんや、貯金やら、新しいお仕事のお誘いだとか沢山のご縁があってなんとか生活できています。ほんとにありがたいです。

 

7月7日の上映会

f:id:nostalgia311:20170709012803j:plain

 

知事抹殺の真実という映画の上映会を行ったのですが、

本当にこの映画は「身に迫る思い」になる映画だとしか言いようがない映画です。

 

権力と権力によって罪のない人がどんどん捕まってしまうわけなのですが、

明日は我が身だとおもわずにはいられないです。

 

共謀罪が通って、11日には本格的に一般の人を捕まえることができるようになってしまうという方向に進んでいます。安倍さんは逃げ切ってしまいたいんだろうなというのがミエミエで。

 

自分が何故捕まったのかもわからない。

正に佐藤前知事はその気持ちでいっぱいだったことでしょう。

まだ共謀罪などという言葉もない時にすでに紛いごとは始まっていたのだと思うと、

本当に恐ろしいことだと思います。

f:id:nostalgia311:20170709013131j:plain

オウム真理教のことを描いた作品で「A」というドキュメンタリー映画があります。

これもまた、権力やマスコミがいかに人を追い詰めていくのかという真実をまとめている映画です。(A2,A3もあるようなのでみてみたいなと思ってます。)

 

マスコミの報道をうのみにすることによって、知らぬ間に、

「佐藤さんは悪い人なんだ」

「オウムに関係している人は皆悪い人なのだ」

という思い込みが発生してしまっているのだろうなと思います。

 

情報リテラシーも欠如もさることながら、それでもマスコミの責任は大きいだろうと感じます。うがった目で何もかもを見なくてはならないのかと思うと、悲しいですね。

 

思い込みというのは本当に怖いもので人を盲目にさせます。

 

真実を自分がほんとうに見ているかどうかというのは分からない。

丸だと思っていたものが実は四角だったなんてこともあります。

円錐だとおもってたのに、円柱だったとかね。

 

鵜呑みにしないで自分なりに真実かどうかを確認して噛み砕いてからのみこんだほうがきっと身のためなんだろうなと私は思ってます。

 

本当のことを言っちゃ駄目な世の中にしないために

f:id:nostalgia311:20170709012838j:plain

 

本当のこと言ったら捕まっちゃうかもしれない。

冗談半分で言っただけなのに捕まっちゃたよ。

え、そもそも何の話!?

そんなことで捕まるノ!?というくらいのことでも、結局国は「この人消したい」とおもったら全力で消してきます。

 

じゃあ、静かにしてれば問題ないでしょ。

と思う人もいるでしょう。

 

でも、残念。そんな貴方も巡り巡って誰かの関係者として捕まるかもしれないんです。

 

大切なのは正義や覚悟を自分の中にきちんと持つということだと思います。

何かがあったときに堂々と旨をはって、説明できるだけの正義や覚悟を持って生きているかということが今後さらに問われてくるのだろうなと切実に感じています。

 

私も今後ともブログは続けていきますし、社会活動にも参加していきます。

是非皆さんと自分の正義や覚悟を持って、自分の足で歩みを進めて一緒に歩んでいけたらと思っています。

 

なかなか、更新できないときもありますが、

どうか末なが~くよろしくお願いいたします。