原発事故で自主避難した私の生き方

福島からの自主避難者である「しすたー」の想いや考えを伝えます。

お願いがあります…

エニアグラム

私はタイプ4なのだけれども、
幼い頃は3だったんだと思う。

社会に従順、
大人にも従順、
「良い子」でいることを選択してました。

良い子自体が悪いわけではないんだろうけども、
日本でいう「良い子」はやっぱりねじ曲がった「良い子」なんだろうと私は思う。

聞き分けがよくて、
大人のご機嫌をとるのが上手で、
おべっかさんで。

ヌード

私はこの七年できて、凄くヌードにちかいくらい、
自分を偽るための服や仮面を脱いだと思う。
何枚も何枚も。

今はそのヌードに綺麗な青と黄色のベールを羽織ってみたり、
時には白いきらきらしたベールを羽織ってみたり、
時には緑のベールをかぶってみたりする。

そして、にっこり笑って、チャームポイントのえくぼを押したり、つついたりして、ふふっと遊んでみたりする。

私の未来予想図

今、私が住みたいのは、
畑のある小さな一軒家。
友達とか、大切な人と寝泊まりできる小さな一軒家。

みんなで朝畑の仕事をしたり、
手芸の仕事をしたり、
絵を描いたりして、
自分が思う「生きる」ための模索をする。

たまに、カウンセリングやセッションをしたりして、
これからの「生きる」力を高めあったり、
たまに、みんなで音楽をしたり自然の中で遊んだりして、
みんなで戯れて余暇を過ごしたい。

今、私がしたいことは
お話会、講演会。
教育関係者の人と今は会いたい。
学校の現場にこれから「生きる」ことってどういうことなのかを一緒に考えていきたいって思う。

それから、
本の出版。
ずっと残し続けてきた「望郷」をもっと形あるものにしたい。
もっと、沢山の人に私の経験をもとにいろんなことを考えてほしい。
大人へは警鐘を鳴らし、
子どもたち、若者たちには「生きる」希望や覚悟を提示したい。

お願い

いずれでも、
カンパ、人脈、情報、
あれば教えてほしいです。

「生きたい」人と繋がって、
生きていきたい。
愛を実現したいです。

どうかよろしくお願いします。