原発事故で自主避難した私の生き方

福島からの自主避難者である「しすたー」の想いや考えを伝えます。

自分を信じる

9月末から10月初めにかけての本州旅で・・・

こんばんは。

ご無沙汰しております。

しすたーです。

 

9月末から10月初めまで、仕事の関係で本州に行ってきました。

今度、その時の風景写真なども載せたいなと思っているのですが、今日の本題はその仕事中の出来事についてです。

 

気が付いてほしいの連鎖

以前早野氏についての記事を書いて投稿した。

忘れてしまったという人は、↓記事を見てほしい。

nostalgia311.hatenablog.com

どれだけ、子供たちに学ばせたい、気が付かせたい、気が付いてほしいと思っても、それがもしも、命にかかわるようなことであれば私はしてほしくないと思っている。

 

これは一緒に「戦場にいかないか」と言っているようなものだなと私は感じている。

 

学生や若者が自力で調べて、自分の責任で行ってきたいというのであれば、百歩譲って(ほんとは譲りたくないが)正直しつこくとめることはできないなと思っている。

 

しかし、十分に知識のないような、ましてや学者やそこで働く東電の人間ですら、確かなことがわかりゃしないのに、安全、大丈夫、などと出まかせをいって、若者はじめ多くの人を呼んだり、誘ったりするのはやめてほしい。

 

たとえ、その誘いが「冗談半分」だとしても私は許すことができない。

というより、冗談半分であるならば猶更ゆるせない気持ちになる。

安易な気持ちでそんなこと言っていいのか。

 

自分一人で行ってきて、周りの人に一切の迷惑をかけないというのであれば正直好きなようにしたらいいと思う。しかし、一人でも迷惑をかけるのであれば私は安易にホットスポットであるところに行くということを誘うべきではない。

 

札幌のチカホにある「アート」展示について

f:id:nostalgia311:20171128164328j:plain

f:id:nostalgia311:20171128164338j:plain

「どちらを支持するものでもない」としながら気が付いてほしいという「問題提起」のために展示したということがわかる。

 

この元の標語を作ったご本人の意図や意思も無視して「アート」として発表する無神経さに私は正直いらだちと憤りを感じている。

 

ホットスポットに人を誘うということの無神経さと、この標語を「アート」とする無神経さは私は非常に似通ったものだと感じている。そもそも、この標語は本来アートとして飾られていたものではないのだ。それを「アート」とするということにアーティストとしてそれでいいのか?ほんとうに?と素人ながらに突っ込みを入れたくなる。

 

気が付いてほしい。という思い。

おそらく本人には悪気はない。

むしろ中立だといいたいのだろうし、考える機会を与えたいのだろう。

確かに想像力の欠如は今の日本では非常に問題視されていることで、様々なことについて無神経どころか、無関心な人すらいる。そういった人に対してのアプローチの仕方は本当に難しいとおもう。私自身どうしたら振り向いてもらえるのかわからず、あたまを抱えている。厳密にいえば「気が付いてほしい」からうまれた「行動」にどれだけの責任を私は負えるだろうかと考え、頭を抱えているのだ。

 

安易に「一緒に行こう」とも言いたくなければ、

安易に「原子力明るい未来のエネルギー」の標語(ましてや標語の作り手がいらっしゃるのにも関わらず)を使いたくない。

 

傷ついて、取り返しがつかないほどに誰かを追い詰めるかもしれないという可能性があるのに。

 

何の責任も取る覚悟もないくせに、気が付かせたいだの、考える機会を与えたいだの言われたくない。

 

想像力がないのはどっちだよと私は言いたい。

 

自分を信じる

f:id:nostalgia311:20170709012838j:plain

誰かがこういったから

では済まされないようなことがたくさんある。

あの日、あの時、あの場所で、私が経験してきたことはそういうことだった。

311があって、原発事故があって、

何もかもを見失って、自分も周りも信じられなくなって、

自分も周りもたくさん傷つけてきた。

死にたくなったこともあるし、殺したくなったこともある。

 

でも、それでも、こんな私を助けてくれる人がいて、

支えてくれる人がいて、

ここまでこれた。

 

おかげさまで。の言葉だけでは足りないくらい。

ありがとう。の言葉だけでは足りないくらい。。。。

 

だからこそ、私は

 

覚悟を持って「生きる」ことを選択したし、

同時に覚悟をもって「死ぬ」ことを選択した。

それは、後悔のない「生き方」をして「死」にたいといういみ。

 

自分を信じて、自由に生きていきたい。

希望の光を絶やさずに生きていきたい。

 

たくさんの人に

いつもごめんね。

支えてくれて本当にありがとうと言いたくて。

 

たくさん、愛と対話が広げるために、これからますますいろんなアクションを起こしていきたいと考える年末です。

 

また更新します。

 

お知らせ

大事なお知らせです。

今回をもって、こちらの「原発事故で自主避難した私の生き方」のブログの更新を終わりにします。

今まで読んでくださっていたみなさん、本当にありがとうございました。

 

えーーーーーーーーーーーーやめちゃうの!??????

 

と思ってくださった皆さん(勝手に皆さんにする傲慢な奴w)

 

安心してください。ブログは続けますから(^_-)-☆

 

ということで次回から新しいブログ先で更新していきます。

こちらも残しておきますし、参考リンク先として今後のブログでも取り上げたりしますので遊びに来てくださいね。

まだ、サイトができたてほやほやすぎて何も完成してません。

お楽しみにー★

 

今後ともしすたーのことをよろしくお願いいたします。

aitaiwa.hatenablog.com