「生きる覚悟」と「希望の光」~原発事故で自主避難した「15歳の少女」からの告発~

原発事故で自主避難者した経験から生き残る術を模索するブログ

慰安婦と私たち

慰安婦問題は終わってないんじゃないかと思う。心の隙間に漬け込んで隙間をどんどん拡げていき、元の場所に戻れなくなっていく。それがどれほどに辛く悲しいものか。

 

 

慰安婦やっていた人間、利用していた人間の気持ちがわからないという人もいるみたいだけれども…。

 

 

 

 

戦争のさなか拠り所のない様々な気持ちを一瞬だけでも忘れるために互いを「利用しあっていた」ということももちろん考えられると思う。もちろん、経済的な理由、快楽に溺れて、など想像すればいくらでもいろんなことがあげられるだろう。

 

 

 

 

ただ、戦争のさなかのやり場のない想いを抱えた、男と女という生き物がそのやりきれなさから芽生える恐怖や不安にのまれて搾取しあったという背景を思うと胸が痛む。生き物は危険を感じると「子孫を残さなければ」と本能的に動いてしまうという話も聞いたことがある。

 

 

 

 

その生物的本能を「逆手にとって」「恣意的に」男と女を「駆り立てて」修復不可能な傷を負わせ「魂の死」に追いやったことはあまりにも虚しい歴史だろう。それは権力者だからとか軍人だからとか男だからとか女だからとかそういったことではない。

 

 

 

 

 

「人間」という生き物としての想像力の欠如と浅はかさの現れだろう。

 

 

 

 

この状況は何も今も変わらない。世の中から風俗は消えておらずただ搾取するための「マスターベーション」を今も多くの人がし続けているのだから。

 

 

 

 

 

真実の交わりではないからこそ、本人に自覚があるないを問わず「罪悪感」が生じ、それがよりいっそう人々に「性的なものに対する異様な抵抗感」を抱かせているのではないか。

 

 

 

 

人々が搾取することをやめ、愛し合うことを学ぶことが出来れば社会はもっと優しくなれるだろうし、戦争も起こらなくなるだろう。

これは互いを赦し合うことをも意味している。私たちはどこまでも学び続け魂の課題に向き合うことになる。やることはたくさんある。ひとつでも赦すことができれば世の中にあるひとつの悲しみや苦しみがなくなることになる。それは連鎖して愛に還元されていく。

 

 

 

 

 

搾取をやめ、ただ、与える受け取りあうことを日々学ぼう。愛と対話を広めていこう。平和を叶えよう。できることは沢山あるのだから。

 

 

矛先は自分へ … 自分を抱きしめて生きること

 

 

今日は恨む、憎む、妬むことで矛先はどこ向かうのかということと、その気持ちをどうしたらいいのかについて考えます。

 

 


恨む、憎む、妬むこと。
すべてのことを奪っていったあいてを
貶めたいと思う心。
責めたいと思う心。


その気持ちは当然誰しもがもつものです。

 


私も相手を殺したいと思うほど憎んだことがありました。しかし、その結果、1番苦しんだのは自分でした。憎んだ相手は苦しんでいる人のことなど関係なしに富を得て、幸せな生活を送っているように見えました。

 

 


恨んで恨んで恨んで。
憎んで憎んで憎んで。
妬んで妬んで妬んで。

 

 


それで私はエネルギーとしては相手に確かに「呪いの念」を送ったことになりました。もしかすると、その影響を少なからず彼らも受けているかもしれません。それは今世で影響として現れるかはわかりません。来世自分が送った念が「活かされて」最悪な人生を送ることになるかもしれません。

 

 


私は相手にとことん敵意を向けることで、自分が苦しくなりました。高校生のとき、そのことによって自殺を試みましたが死ねずに終わりました。

 

 


感情が死にました。
魂の輝きなど失われ、
寂しさや虚しさに襲われました。

 

 

 


たとえ、その恨んだ相手が死んだとして
私の中の傷はいえるのだろうか
とふと思うようになりました。

 

 

 


たとえば、戦争が起こって身内が死んでしまったとして、敵に自分の大切な人が殺されたから相手の大切な人を殺すというのは美しいことでしょうか。

 

 


ここで「美しい」と使ったのは、
この問題は「正しさ」という概念で語ることが出来ないからです。

 


今、自分自身や身の回り、日本でも世界でも痛ましいことがたくさんおこっていて辛いという人もいるでしょう。そして、やり場のない怒りを特定の人にぶつけることでその場をしのいでいる人もいるかもしれません。よくこれを、自己満足を得るためのマスターベーションと表現することがあります。ただ、抜くため、逝くための虚しい作業のように行われる行為はさらなる悲しさと虚しさを呼びます。

 

 


だからといって、
安易にゆるすことはしなくていいし、出来なくていいのです。そして、恨むな、憎むな、妬むなともいいません。なぜなら、それも必要な事として人は経験するからです。

 

 


悲しみを悲しみ抜いて、
虚しさに浸って、
怒り抜いて
そんな自分を
いつか心の底からゆるして
抱きしめて
辛かったよね
よく生きてきたね
と伝えてください。

 

 


これは数ヶ月でできることではありません。
何年もかかります。
どこまでも自分と向き合って、
自分の良い友達になって
まずは自分に愛を送り続けてください。

 

 


1人でやることが難しいこともあるでしょう。
その時は、誰かを頼ってもいいのです。
日本人は人に頼ってはいけないと思い込んでいる節があります。それは潜在意識にまで染み付いてしまっています。

 

 


辛い時に辛いと言うことは決して悪いことではないし、弱いことでもない。

 

 

 


本当に強いひとは
人を頼り、相談し、
そんな自分をも受けています☆。.:*・゜

 

 


それは許しではなく、赦しなのです。
好き嫌いは許すか許さないかの次元ですが、
愛は赦しによって生まれます。

 

 


相手に向けている感情にすべてOKを出しましょう。そして、その感情をよく聞いてください。

 

 

 


繰り返しますが、
憎んでいいし、恨んでいいし、妬んでいいのです。その気持ちを抱きしめて癒してください。

 

 

 


その先に本当の意味での癒しと愛で自分が楽になっていくことを感じます。

 

 


このプロセスは何度も繰り返すことになりますが、少しずつ波が穏やかになっていきます。最初は辛くとも少しずつ、少しずつ、楽になっていきます。

 

 


必ずこの壁を乗り越えられると自分を信じてください。それが何よりもの自分へのエールになります。

 

 

 


今回は少しヘビーな内容になりましたが、
悩んでいる人、苦しんでいる人にヒントになればと思います。


いつもありがとうございます。
また更新します。

 

 

立ち読みした本から学ぶ

今日立ち読みした本で、
世界の問題に責任を感じて、罪悪感を抱く必要は無いという項目があり、そこだけ読み進めた。
書いてあったことは、
「ボランティアや情報収集に時間を費やすより、その時間にお金を少しでも稼いで適切にそのお金を使ってくれる団体に一刻も早く寄付する方が懸命だ」
ということだった。

 

 

 

〇〇頑張れ

 

 

 

 

という言葉。

 

私がその言葉に強い嫌悪感を抱くのは
山形に自主避難した後に
「頑張ろう東北」
と書かれたのろしが駅前にあったからだ。

 

 

 

しかし、山形の人の多くは「普通」に過ごしているように見えた。それは福島の人の多くがあの時「普通」にしていたこととは違う「普通」さだった。

 

 

 

少なくとも私の身の回りの山形に住む人は
「そういえば原発事故あったよね」
「あれ?震災から何年目?」
放射能?よくわかんないよ」
「大変だったね。頑張ってね。」
という感覚。

 

 

 

わかってほしいなんてことは烏滸がましいのも重々承知。

 

 

 

 

でも、流石にあの時は孤独を感じた。
同じ東北、隣の県なのに。

 

 

 

たとえ、何歳であろうと、その経験する事柄への感度はそれぞれ異なる。それこそ、「感受性の違い」というものだろう。

 


講演会でもたまーに言われる。
頑張ってね。と。

 


一緒に頑張りましょう。
というか、頑張ってください。
お願いします。


と私は返す。


向こうは
いや、あなた若いし、まだこれからでしょ。
私たちはどうせ死ぬから。


と、言うこともある。


ここまで来ると、
流石に私も半ギレする。
諦めないでください、
ってさっき講演会で私言いましたよね?
もう死ぬから若い人よろしくなんですか?
いいんですかそれで?

 

 


だいたいこの辺まで来ると向こうは黙る。
嫌われても構わないと思う。
正当性を振りかざしても、それは相手を傷つけることにしかならないのも分かってる。
でも、申し訳ないけど、
これは言いたいから言うようにしてる。
わかって欲しいのはエゴだとしても、傲慢だとしても、それでも伝えたいから。
私は悲しいから。辛いから。

 

 

 


「太郎さん、れいわ、頑張れ」
「期待してます」
「もっとやれる」
「あそこがダメなんだよなぁ」

 

 

 

こういう投稿を見てしまうと、

なんちゃって支援者やめろよ、って思う。

 

 

 


なんちゃって愛の話は先日ブログにも書いたけれども、なんちゃってを平気でやってのける人は「偽善者」でしかない。

 

 

 

とはいえ、私もなんちゃってをやらかすことがある。その度に、「あークソだーやっちまったぁ」と思う。

 

 

 

頑張ってください
頑張れよ

 

これ以上何頑張るねん。
それが当時15歳の私の気持ちだった。

 


今では
「一緒にやるからさ、もっと休んでいいよ」
って言ってもらいたいなぁとも思う(笑)


でも、間接的にこの意味に近い振る舞いをしてくれる人もいる。それは私にとって「素敵な大人」「尊敬する大人」。

 

若いから、女の子だから、避難者だから、そんなことで私をカテゴライズする人は身近に今はいない。それは私にとってすごく幸せなこと。

 

 

もっともっと、素敵な人が増えたらいいなと思うし、私もその人たちの仲間入りができたらなぁと思う。

 

 

素敵で、かっこよくて、スパーンとしてる「大人」に続きたい。

 

本当に人を応援するとは

まず
自分が諦めないこと
そして
できることで自分も行動すること

時に人は
できることの範囲が狭いことに罪悪感を感じてしまうこともある。
私なんて大したことできませんの。と。
じゃぁ、どこまでいったら大したことになるの?とツッコミたくなる。
漫才みたいで面白いね(笑)
自分が精一杯やっとったらそれでええねん。
それがベストなんやから。
それが努力するってことなんやから。

 

 

長ーくなったわ。
読んでくださってありがとう。

 

 

この選挙に一喜一憂してからも

れいわ新選組にあーあ太郎がいないなら意味がない、とか

逆に太郎がいるから応援する、とか、

いろんな声があるとおもうし、それはそれでいいと思う。

 

 

ただ、私はもしも、この国を本気で変えていくならば、

彼らだけに任せていくのは違うだろうと感じている。

 

 

一人ひとりが変わらなければならないという時代になったが、

いつまでたっても良くも悪くも他人に人生を任せていては

何も前に進まないのだ。

 

 

人生の主人公はいつも自分であり、

自分自身が生きていかなければならない。

 

これは誰しもがそうなのだ。

 

誰かに依存しているから、がっかりしたり、期待したりする。

自分以外の誰かに求める。

 

もちろん、できないことを「頼る」ということは悪いことではない。

ここで問題としているのは「依存する」ということだ。

 

 

相手に生きる選択肢を渡してはいないか。

本当に自分の人生を歩んでいるのかといえば、

自信をもってハイと答えられる人の方が少ないのではないか。

 

 

「あなたもまた安倍である」

または

「安倍である可能性を含んでいる」

 

と最近の講演会でも話をしている。

 

 

相手に生きることを任せ、

ただ、言われたままに過ごしていく。

ただのイエスマンに成り下がっている。

これは右左も関係ないこと。

 

 

とにかく、自分のことを自分で決めることができない。

相手の都合で動かされていくことを選んでいるという人は

結局、自分がなにかしているつもりになってしまうだけで

何も変わらないのだ。

 

 

私は私

 

 

といえる強さをこれからはもって生きていくことになる。

価値というものも変わっていく時代に、

生きていくために必要なことは本当にシンプルなものだけになる。

しかし、そのシンプルなことほどできないというのが今の日本人。

自分を愛するということ、信じるということ、自由に生きること、

その意味も方法も難しく考えすぎてしまって、前に進めない。

これはこんな文章を偉そうに書いている私自身もそうである。

 

 

これから変わっていくし、変えていく。

その覚悟を持つこと。

いきなりそれをやるのはあまりにも大変だろう。

少しずつでいいと思う。

ただ、時間は余り残されてもいない。

 

 

自分を甘やかさずにどれだけできるだろうか。

地球の寿命も刻々と短くなっていく。

七代先までの未来に私達はどう向き合っていくのか。

何をしていくのか。

 

これからをしっかりと見据えて生きたいとおもう。

障害者福祉・介助者という仕事をしている私がこの選挙に思うこと

れいわ新選組を推していた私にとって今日は歴史的な一日になった。

 

 

障害者と言われる人たちが、こうして国会という場所に足を踏み入れることになった。

正直、「やっと」という言葉がふさわしいだろう。

 

だが、ここまで来るのに、果てしない闘争があった。

障害者運動として青い芝の会というものがある。

彼らの運動はまさに「権利」を勝ち取るためのものだった。

 

 

彼らがいたから今の私達がいる、ということ。

でも、それでもまだまだ世の中が追いついていない、

真のインクルーシブなど程遠いと思っていた当事者、

そして家族、介助者。

 

 

そのそれぞれの思いが、今日、ここで報われる第一歩となったのは言うまでもない。

 

 

こんな夜更けにバナナかよについて素晴らしい映画として称賛した安倍総理

しかし、彼が素晴らしいと思ったのは何だったのだろうか。

何に感動したのだろう。

 

 

感動したのなら、もっと福祉制度にお金を割いてもいいはず。

 

 

ふなごさん、木村さんがこうして国政という場所に入っていくことにどれだけの意味があるか。彼らが「仕事をする」ことが例えばスムーズに話をすることなどだと思っているのであればそれはお門違いだ。

 

 

今回の選挙が本当の意味でなんの意味を持つのか。

それは私がこの仕事をはじめてからの変化を思い返せば説明するまでもない。

そして、私がここで多くを語るのも違うと思う。

それでは伝わらないから。

 

これは魂レベルの覚醒を意味する。

彼らは「生きる」ことが何であるかということを心のそこから学ばせてくれる。

ありのままで、そのままで生きているということがどれだけの意味があるのだろうかと。ただただ、生産性を重視され、ただただ、使い捨てられてしまうという今の世の中。その「生きる」ということから離れていきている人たちにとって彼らが国会で仕事をすることになんの意味があると思うことだろう。

 

しかし、これには大きな意味がある。

 

 

私はこの業界に入って仕事をして本当に良かったと思っている。

 

 

 

確かに私は重度障害者という人とは二人しか関わったことがない。

後は、間接的に関わっただけ。

でも、どこからどこまでが直接的なのだろうかとも思う。

 

 

私は少なくとも

その二人から大きなことを学んだ。

それは、座学や知識だけではない、

もっと根源的なことだった。

 

私が生きるという上で大切なことを彼女は私に教えてくれている。

 

 木村さんが初めて立候補の時に話をしたとき、

私は彼女が話していることが特段すごいことだとも思わなかった。

マスコミや、外野はすごいすごいとはやしたてていたが、

私はそうは思わなかった。

 

その話を彼女に話すと、

「そう、うちもそうおもってた」

と。

 

彼女とは本当に今までたくさんのことを話してきているが、

今回もこの選挙について何度も語り合った。

 

別に木村さんがいっていることは何らすごいことではない

「あたりまえ」のことだった。

 

でも、その「あたりまえ」がいつの間にか

多くの人にとって特別なこととして認識されていたのだ。

 

確かに彼らは生きることが「大変」であることは確かだし、

「可愛そう」とも思えるかも知れない。

 

でも、私はそうは思わない。

ただ、彼らが「そうあるだけ」なのだと思うようになったから。

これはわたしがこの仕事をして感じたことであって、

これを言葉で説明したところで通じるわけでもない。

 

ただ、私は彼女のそばにいて

彼女が「そう在る」ことに最初は戸惑っていた。

どこをみていたらいいのかわからない、目を合わせられないということがあった。

これは相手との相性の問題もあるとおもう。

彼女とは本当にたくさんのことを語り合って今がある。

 

「生きる」という根本に立ち返るということ。

そのことに彼女が私に教えてくれたことはとても大きい。

 

きっとふなごさんや木村さんも、

これから国会の中を変えていくことになる。

それは制度的な問題や建物などのハードの部分だけではなく

ソフト面での変化も否が応でも与えていくことになる。

それはそこにつどうものにとって大きなものだ。

 

自分という人間性がそこに現れるのだ。

 

有権者はこれからよくみていてほしいし、

自分自身もよくよく感じてほしい。

 

彼らに感じているすべての気持ちがどこから来ているのか感じてほしい。

そこに優性思想がないかどうか、歪みがないか、感じてほしい。

そしてそれをどうしたらなくせるのか考えてほしいと思う。

 

私もまだまだ彼女から考えさせられることは多くある。

この北海道という地でこれからも私は彼女と語り合って生きていくけれども、

きっとこれからも学び続けていく。

 

福祉という仕事、障害者ヘルパーという仕事を毛嫌いしている人もいるかもしれないが、これほど、「人間」というものを考えさせられる仕事はないんじゃないかと私は勝手に思っている。

 

この機会に、というのは語弊があるかもしれないが、

これをきっかけに多くの人がこの仕事に携わって、

実際に彼ら彼女たちに関わってみてほしいとおもう。

 

自分が間違いなく変わっていくことを感じるだろう。

ちょっと落ち着こう

誰をどう推していてもいいのだけれども、「真髄」を見失わないようにしたいところだなぁと感じる今日この頃です。

 

 

日本人の持つ根本的な問題を解決することは「生きる覚悟」を持つことになる。それは少なからず「痛みを伴う」ことも理解する必要があるでしょう。

 

 

 

こんなことになるなんて、とあとから手のひらを返す人も出てくるだろうとも思う。でも、それもまたひとつの流れであり賭けでもあるだろうと思う。

 

 

 

いずれにしても「私は私」の軸を見失わず、行先をしっかりと見据えて生きたい。生きることから離れずに、前に進みたい。

 

 

 

ということを考えて今日は泣いた。よかった。スッキリ。

 

 

どこかの宗教みたくなりやすいのがこの国の特徴。自分が無いから人に依存しやすい。陶酔してあたかも自分が相手であるかのように錯覚する。

 

 

 

だから、I am not ABEというのも、太郎と共に、というのもひとつ間違えればそういうことと一緒になる。

 

 

 

自分が無い。自己肯定感の低さが結局、人々の気を狂わせる。大切なところから離れてふわふわしたなにかになろうとする。

 

 

 

 

太郎さんはこういってるけど「あなたは」どう思うの?安倍さんはこういってるけど「あなたは」どう思うの?

 

 

 

結局そこが無いことによる「支持」も「不支持」も大して変わらないんだろう。

 

 

 

 

この木の根幹は政治じゃない、ということはそういうことを意味している。この木の根幹は人々の魂や心の方。

 

 

 

いい加減に目を覚ませと言われているんだなぁと思って今日の午前中は胸が苦しかった。

「原発事故を経験した15歳の少女からの告発」(仮)出版に向けて

こんばんは。しすたーです。

 

 

参議院選挙も近づき、ネットではれいわ新選組山本太郎)が話題となっています。ネトウヨもぐうの音が出ないとはこのことで、まっとうなことを言っているのでだれも太刀打ちができないというのがなんとも強み。

 

 

ここ数週間で改めて実感しているのは、いかに与党と野党(もちろんそうでない人もいてまとめてしまうことで語弊が生じると思いますがここでは便宜上このようにまとめています)が「チープ」なことしかやってこなかったのかということ。いかにもやってます、というパフォだけしてはい、解散。

 

 

いいかげんにしろ、というのが私の心のこえ。

 

 

いい加減にしろ、というのも、私のこの気持ちの最大のきっかけは原発事故だった。あのとき私は15歳でした。福島県伊達市というところにいました。

 

 

かれこれ、去年から北海道を中心にして講演会を行ってきました。もう20回近い講演会を行ってきました。

 

 

高校生のときから自分が経験したことをブログに書き綴ってきましたが、一時、自分は「過去のこと」よりも「未来のこと」をもっと考える「べき」だと思い、途中で書き綴るのをやめてしまった時期があります。

 

 

日記の書き起こし作業をしていたわけですが、途中で書き起こすのをやめたのは、自分の方向性が定まっていないことによる不安や、恐れが多くあったからです。

 

 

今日、こうして久しぶりに本格的に自分の気持ちを書こうと思ったのは、他でもなく、もう、後がないから、いい加減に私も覚悟を決めて、手記を公開すべきだということに思い立ったからです。

 

 

一年半、講演会活動をしてきて、多くの人から言われたのが、

「そんなこと知らなかった」

「何も言えません」

「本当に申し訳ない」

「大人としての責任を感じる」

「哲学的で素晴らしいと思った」

という言葉でした。

 

 

 

そして、同年代の子達もたまに講演会に来てくれるのですが、

その場合には

「生きていてよかったんだよね」

「本当に苦労してきたんだね」

「未来に向けて諦めないことが大切なんだね」

という言葉がきかれます。

 

 

同年代の子達は自分たちが苦労してきたことを自認していないケースも少なくありません。ベースが苦難である同年代たちからすれば、そこから緩やかに状況が悪くなっているくらいの認識しかなく、感覚がことごとく麻痺していることもすくなくありません。

 

 

そうした恐ろしい構造を打開して目を覚ますきっかけになるというのが私の講演会なんだなとこの一年半で感じています。

 

 

前は自分の手記がどのくらい反響が在るのかということが心配要素でした。

しかし、今となればそんなこともどうでもいいというのが正直なところです。

 

 

とりあえず、書いて出す。

 

 

ということしか今は考えてません。

 

 

私が当時経験したことを話すということは

「告発」になります。

 

 

国はじめ、大人たちがみたくなかったことを

「告発」するのです。

 

 

それが当時の15歳の私の気持ちに報いるために私ができることでもありますし、七代先までの子どもたちのためにできることでもあるだろうと思っています。

 

 

7代先までも続くかわからないという気持ちもありますが、先がどうなるかどうかはその時になってからわかることで、今は今しかできないことをするしかないのです。

 

 

 

タイトル案は

原発事故を経験した15歳の少女からの告発」

内容は

原発事故を経験した私が考えたこと、感じたこと、心身霊魂におこったことを語ります。

 

もちろん、個人的なこと過ぎて公開できないこともあるでしょう。

しかし、それでも、書かなければという気持ちもあります。

 

 

どこまでできるかは自分と相談しますが、出版に向けて動きます。

 

 

ひとまず

選挙。全国比例区は、山本太郎、れいわ、または、おしどりマコで投票していただければと思います。

必ず勝ちましょう。

 

 

どうぞよろしくお願いいたします。