「生きる覚悟」と「希望の光」~原発事故で自主避難した「15歳の少女」からの告発~

原発事故で自主避難者した経験から生き残る術を模索するブログ

今と私を楽しむ

いろんなことがうずまいているけれども……

「今」と「わたし」を心から楽しもうと思った今日この頃。

それは、いまさえよければとか、わたしさえよければ、という自己中的な考え方にいつの間にか刷り変わりがちだけれども、
そうならないようにいつの間にか言い訳をしがちだけれども、

そこにとらわれすぎて考えすぎて空回りして、なんにもできなくなるのは本当に勿体ないとも思う…。

まちがってもいい。ころんでもいい。
そうおもってもいいのかもしれないと思えたのは、自由にやらせてくれて、見守ってくれている人たちのおかげ…。

いつも本当にありがとうございます。