原発事故で自主避難した私の生き方

福島からの自主避難者である「しすたー」の想いや考えを伝えます。

自殺率と精神病を考えてみた

精神病

うつ病はじめとする精神病において、心の問題はその人自身の問題であって他の誰にも解決することはできない。生きることを自分以外の人に任せている(自分軸が他人にある人、他人の欲求を満たすことによって自己満足し、自己肯定しているなど)場合に精神病は治らない。

ただ、今の社会、教育のシステム自体が精神病じみているし、みなその被害者だといえる。しかし、同時に大人になれば加害者にもなる。

ジレンマ。

解決したくとも、環境が整わないことによる苛立ちを感じている人がとても多いと思う。

 

若年層自殺率

年々若年層の自殺率があがっている。上の世代が自分が被害者であり加害者であるかということを無視してきた証拠だと私は思う。

気がついていても、
どうせ自分には変えられない
というネガティブな連鎖が
子供の希望を奪ってきた。

この話は植松さんがしている話と同じだと私は考えている。

とはいえ、上の世代が、社会が、教育が、と言っているだけではなにも変わらずやはり実践していくしかないのだと思う。

そのとき、その人、立場、状況によって出来ること、実践できることは違うと思う。そして、そもそも、やりたいこと、やりたくないことも異なる。

 

いきる覚悟

自分はどう生きていくか
どんどんやっていかないと、
罪のないこどもたちが
どんどん傷ついて、自殺していく。
心の病気になって、薬漬けにされていく。

もう、そんな連鎖辞めませんか。
やりたいことできることをお互いに模索しあって、世の中を本当の意味で豊かにしませんか?

年長者には年長者の知恵がある。
だから私は上の世代に教えてほしいことがたくさんある。
間違ってきたことも、やってよかったことも。

低次元のいいあいはやめて、
生み出す関係性でありたい。

 

環境が変わるのを待っていたらおばあちゃんになってしまうので、自分で変えようと思う。そのエネルギーがある人が先ずは先にどんどんやればいいと思う。

 

そこに周りがジョインしてくれたら万々歳だし。