「生きる覚悟」と「希望の光」~原発事故で自主避難した「15歳の少女」からの告発~

原発事故で自主避難者した経験から生き残る術を模索するブログ

どこでも生きていける準備をすること…

私達はなんのために仕事をしているのか

これは永遠の問なのかと思っていましたが、最近思ったのはお金を稼ぐために仕事をするのに自分は向いていないということです。なにか生産性が無いと生きていてはならないとでも言わんばかりの今の日本の状況に私は辟易しています。

 

それでいて、生活していかねばならないということが問題で。本当は静かなところ、穏やかなところで穏やかに生活していたいというのが私の気持ちです。

 

お金のためにお金を費やし、時間を費やし、そして健康を損なう。

これほど、滑稽なことはありません。

心身疲弊を繰り返してしまいます。

 

私はいわゆるHSPという人間になるのだと思います。

(エンパスでもありますけど)

ほんとに周りのことに敏感で繊細です。

 

でも、これは性格なので、それを踏まえた上で自分がどう生きるのかということを真剣に考えなければならないのです。

自分には何ができるだろうか、どうしたらいいだろうか、と。

 

個人事業主になるメリット

どこにいても地震はじめとする災害、原発事故、テロ、戦争が起こりえる状況だということを考えると、個人事業主になるというのは非常にメリットがあります。

ランサーズ  やCrowdWorksプログラマー などの仕事をするのもありですね。だと在宅で仕事ができるというメリットがあるので、なにかがあっても仕事に休みますと連絡しなくとも、勝手に休んで大丈夫。自分の体調に合わせた仕事ができます。 

 

個人事業主になるデメリット

どこにいても仕事ができるということはあるのですが、残念ながら、家に閉じこもりがちになるので外とのつながりがなくなります。

そうなってしまうと、体と心に問題が出てきます。昼夜逆転の生活になってしまったり、時には鬱になってしまうということもあります。

積極的に自分から外に出るようにしないと体がなまります。

 

例えば、一度自動でお金が入ってくるようなシステムを自分で一度立てられてしまえばこちらのものだとも言えます。アフィリエイトとかね。不労所得でいきていくという方法もありだと思います。

 

いかんせん、自分のやりがい、生きがいとなるような仕事ができればいいよねとおもう今日このごろなのでした。