「生きる覚悟」と「希望の光」~原発事故で自主避難した「15歳の少女」からの告発~

原発事故で自主避難者した経験から生き残る術を模索するブログ

制御不能のシステム社会

制御不能になった機械を止めるのに、人が入ってハンドル回しに行くんだよ。他に何がある?誰かが人柱になればいい、と嗤ってる。

これは原発だけの話じゃない。

この狂った「社会システム」という制御不能なものに、どうやって歯止めをかけるのか?って?勝手にオワタんになるのを待つのか?また爆発するのをみてる?高みの見物?あー怖いーって言いながら?

そのシステムの歯車になって機械を回してる自分を必死に守って、誰かが人柱になっていくのを嗤ってみて。

怒らないでもっと穏和に。
頑張れ、○○。

歪んだ応援に
歪んだ愛。

優しい社会
とかいいながら、
どこに向かうの?

貴方はどこへ向かうの?
私はどこへ向かうの?