「生きる覚悟」と「希望の光」~原発事故で自主避難した「15歳の少女」からの告発~

原発事故で自主避難者した経験から生き残る術を模索するブログ

安倍政権を変えたいと思っている方へ

こんばんは。

 

 

政府はとうとう、1世帯2枚のマスクを配布することにしたようです。

うーん、、、、

 

 

 

 

この対応について私自身はとてももやもやしています。

なんでこんなことになったかなーと。

 

 

 

 

 

〇〇(今回なら国、政府)が、こうしてくれないの。

もっとこうしてよ!とお願いすることってとても大事だとは思うんです。

というか、言わないと相手もわからないし、

変わらないのも事実なので。

(私も政党やら、国やらにHPから要望を書いて送りました。)

 

 

 

 

ただ、この時に

「してもらうのが当たり前」

スタンスで相手に伝えてしまうと、

向こうはあまり乗り気になってくれないんですよね。

 

 

 

 

 

ここがすごく難しいところで。

私もどうそこを伝えたらいいのかがいまいちわからなくてもやもやしているのですが、

確かなことは「相手がどうでてきたとしても私はこう生きていこう」

とはっきり自分の中でまずは決めてしまうことだと思うんですよね。

 

 

 

 

私は、政府が現金支給をしてくれない場合は、最悪お金を借りるのもアリだと思っています。

確かにこれ以上借金はしたくないのですが、

社会福祉協議会やらもお金を貸してくれるそうです。

 

 

 

 

私の場合は、クレジットカードが使えるので、

キャッシング枠も残っているので、

そちらを使うという方法も最悪ありかなと思っています。

 

 

 

 

とはいえ、

これだけ高い税金払っていて、有効に使えていないのってどうしてなんでしょうか。

漫才のような答弁もいい加減にしてくれ~という気持ちになりますよね。

 

 

このブログを読んでいる方にも是非お伝えしたいのは、

選挙にいってないのなら絶対に次は行ってほしいということです。

国民が政府に無関心だから、政府も私たちに無関心なのですから。

 

 

 

 

 

 

なんだか、釈然としない毎日なのですが、

子どもを学校にいかせることも、

「だって政府が学校開始するっていったから」

というのは言い訳にはできないんですよね。

 

 

 

 

 

「じゃあ、あなたは誰かに行かせるな、って言われないと行かせないんですか」

という話になるわけです。

 

 

 

これは原発事故の時もそうだったのですが、

「だって政府が」とか「学校が」とか、そんなことは命をないがしろにしていい言い訳にはならないんです。

 

もちろん、基本的に、そもそも、政府や学校が命をないがしろにする判断をしているところが問題でもあるのですが、そのあり得ない前提があったとしても、命に係わる選択を誰かに代わりにしてもらっていい理由なんてどこにもないんです。

 

 

その基本的な「人権意識」があまりにもなさすぎます。

 

 

結局何が大事なのかもわからなくなってしまっているから、

大切なものを守ることもできなくなってしまっているんだと思います。

 

だってそんなこといっても国が、周りが何もしてくれないんだもん、

 

というのはあまりにもわがままです。

 

子どもがいうならわかります。

未成年の子どもから、

「だって大人がそう勝手に決めたんだ」

といわれたら、私たちは何も言えません。その通りなのですから。

 

 

でもいいですか?

成人したいい大人が言っていいことではないんです。

もちろん、私の世代(20代)の人たちは特に安倍政権が誕生する時にはまだ未成年だった人も少なくありません。

原発が爆発したときも私はまだ15でした。

 

 

 

だからこそ、今の社会にとてつもなく怒りを覚えます。

誰がこんな世の中にした。と毎日のように思います。

ただ、それを言ってるだけでは何も変わらないのです。

だからこそ、できることをしましょう、と伝えたいのです。

 

 

やることやりましょう。

 

たとえば教育委員会に連絡するとか、地元の議員に連絡するとか、

そういう現実的なアクションを起こしていかないと物事は変わりません。

 

 

 

 

そんなことしても無駄、といいながら、

政府に対しての文句しか言わないのは

それはあまりにも人生を他人に任せすぎです。

やれることをやりましょう。

 

 

 

 

確かにそもそもそんなことをしなくとも、まともに機能する政府であってほしいし、

こんなことで市民が分断されることは喜ばしいことではありません。

ただ、それを理由にして「行動しなくていい」ということにはなりません。

 

 

 

 

怒るなら怒るで、覚悟をもって怒りましょう。

嫌なものは嫌、

好きなものは好き、

とはっきりと言いましょう。

そのうえでどうしてほしいのか、きちんと伝えましょう。

こちらはこんなことで困っているので、こうしていただけませんか?と。

きちんと対話する姿勢が大切です。

 

 

 

子どもにはその判断が難しくて出来ないことも多いですが、

コロナはじめ、命にかかわるような出来事については子どもたちはとても的確な判断をくだします。

社会のシステムに侵されていない、シンプル、純粋なアンサーを出してくれるのです。

 

 

 

 

そんな子どもたちを守れない、というのは本当に悲しいことですえーん

 

 

 

大人だから子どもの前では笑ってましょう、

というのはちょっと違います。

子どもはそれすらも敏感に感じ取ってしまうのですから。

 

 

 

 

一緒に、怖いよね、

といって思いを共感したり、

こんなときだからこそスキンシップを大切にしたりしてください。

(ただし、今回は、感染症なのでスキンシップは危険かもしれません・・・本当にこれがつらいのですが…)

 

 

 

 

 

大人の都合によってこどもたちはじめ、

弱い立場の人たちからどんどん命を落とす可能性が高くなります。

それは、コロナだけではなく、他のことで亡くなる可能性もあります。

経済的貧困による餓死、

親のストレスによる虐待死、

ストレスによる暴飲暴食

アルコール中毒、煙草の量が増える、

DV、セクハラ、、、、

あらゆるところでしわ寄せがやってきてしまうことも懸念されますショボーン

 

 

 

 

 

絶対にそんなことは起こらないというマインドを大切にして、

そっちの設定で生きるということももちろんできなくはないですが、

そのことによって、実際に困っている人たちを見捨てることになるのも私は怖いなとも思っています。

 

 

 

 

 

だからどうしろ、という話でもないのですが、

今大切なのは一人一人が、自分の生きる軸を大切にして、

 

 

本当に自分が何をしたくて、したくないのか、

何ができて、何ができないのか

誰とどこにいたいのかということを明確にすることだと感じています。

 

 

 

 

生き方を変えないと生き残れないということが

現実味を帯びて目の前にやってきているという人も多いかと思いますが、

必ずこの状況は打開できる能力を一人一人が持っているはずです。

それは勇気のいることもかもしれないし、

痛みを伴うかもしれませんが、その先にある幸せのビジョンを忘れずに歩めば必ず活路は開けます。

 

 

最後に、若者に自粛を、と言っている人たち。

そして若者の皆さん。

私たちに罪はないです。

こんな社会のベースを作ったのは間違いなく私たちの上の世代です。

でも、おそらく、このことを言うと、

「私たちの時からそうだった」

とか、

明治維新の時から…」

とか、いろいろ話が出てきて、誰が悪いか、という終わりなき犯人探しが始まるのだと思います。

 

そんなあほらしい議論をしたいわけではありません。

ただ、今の社会が出来上がってしまったのはどうしてなのか、

ということを自問自答したうえで、若者に物言う前に、やることやってほしいです。

 

原発事故後も言われてきましたが、

これからは君たちの時代だからよろしく、頑張って

と何気なく私たちに任せようとする人もいますが、

いつも、「それは違います。一緒に頑張りましょう。」と伝えるようにしています。

 

 

一緒に変えてください。

申し訳ない、と若い世代に思っているのなら、なおさら、

一緒に変えていく努力をしてください。

力を貸してください。安倍政権、他の為政者たちを変えることも大切ですが、

まずは私たちが一人一人が生き方と考え方を変えていきましょう。

私たちに彼らが巻き込まれて、変わらざる得ないくらいに、

私たちが変わりましょう。それしか方法はありません。

私ももっと変わります。

 

読んでくださってありがとうございました。

また、更新します。